携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

音を楽しむということ

作: 汀目栞

出会ったときにはただの紙束
そこに散らばる黒いしみはただの模様でしかない

でもそこにはたくさんの人の魂がこもっている
作曲者の、編曲者の意図が複雑に絡み合う
それをほどいて、感じて、表現されるいう過程をへて
その紙束は命を吹き込まれる

表現者の情熱が加わり、重なり合って、共鳴し始める「音」
もちろん目には見えないものだけれど
確かに、その共鳴は観客の心までをも振わせる

・・・「感」情が「動」くって、こういうことだろう?

※この詩(ポエム)"音を楽しむということ"の著作権は汀目栞さんに属します。

作者 汀目栞 さんのコメント

音楽で人は泣けるし、笑えるって凄い。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P