携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

冷たいダイヤモンド

作: 喜智璃 (きちり)

夢に染まったカラクリ色の無重空間
漕いでも漕いでも届かない果てに
何があるのだろう

愛するがゆえ
見えない未来さえも楽しく思え
明日なき明日を生きようとする

そこに幸せという文字もないのに
モラルハラスメントに気づかない
その口から発せられる
誹謗中傷。。。言われることに幸せを感じていた

人間だよ人だよ
「私は。。。」
心の格闘が始まる

人間味のある人だと思っていた
違っていた。。。
そう感じる今はあなたが冷酷な生き物にしかみえない

そう、あなたはきっと優しい仮面をかぶった
生きるシカバネ。。。

大切なのは口頭で画面を通して傷つけることではなく
届かない距離を包み込む優しさ
たとえ離れていても。。。傷つけたとしても。。。
それがあれば人は身も心も委ねる

あなたのそのかたくなな閉ざされた心には
一滴の水もしみこまない
まるで人を惹きつける
水を通さずかたくなにいい部分だけをミセテイル。。。

ダイヤモンドのように。。。

※この詩(ポエム)"冷たいダイヤモンド"の著作権は喜智璃 (きちり)さんに属します。

作者 喜智璃 (きちり) さんのコメント

久し振りに投稿します( *´艸`)

モラルハラスメントとは↓
http://www.geocities.jp/moraharadoumei/morahara.html

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
切ない 2
合計 2
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (4件)

__

'15年3月4日 09:35

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

自分と同じようなことが他人であっても在るんだなって思いました。
モラハラの所に行って読んできました。
いろんな酷い仕打ちが沢山あって、びっくりしました。
そういうことをしないと生きていけないということはその人自身も
絶えず、外で同じことをされているからかもしれないなと思います。
けど、操縦ってすごいなって思いました。
耐えれないような人も存在するのかと思うと自分はまだ幸せかもと
思えます。

__

'15年3月4日 09:52

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

璃 喜智 (り きさと) さん
 おはようございます

>愛するがゆえ
>見えない未来さえも楽しく思え
>明日なき明日を生きようとする

>そこに幸せという文字もないのに
>モラルハラスメントに気づかない
>その口から発せられる
>誹謗中傷。。。言われることに幸せを感じていた

>人間だよ人だよ
>「私は。。。」
>心の格闘が始まる

>あなたのそのかたくなな閉ざされた心には
>一滴の水もしみこまない
>まるで人を惹きつける
>水を通さずかたくなにいい部分だけをミセテイル。。。

>ダイヤモンドのように。。。

 恋する愛はあめとむちの中にいるようなものなのでしょう。
この詩から信じようととて一所懸命になる心をあるとき跳ね返されてしまった。
思わぬ出来事にはねかえされた心はきっと傷だらけになったのではないかと思います。

 本当の愛それはきっとお互いの心を受け入れる事なのでしょうね。

 切なく拝見させて頂きました。

 気候の変わり目です。
御身ご自愛くださいますように…。

喜智璃 (きちり)

'15年3月4日 14:45

biancheさんへ

コメントありがとうございます(^^♪

モラハラって最初は気が付かないものなんです。
「相手が私を思ってるから言うんだよ」
この言葉に愛情だと勘違いするんです。
ホントに愛しい相手に、泣くまで説教ではないですが
それに似たことを繰り返す。。。おかしくない?よ思い始めて
ですが、、、一人では見抜けないですよ。

誰か第3者が聞いていて、私の場合息子でしたが
「ママ、おかしいよ。男見る目がない。」
そう何度か言われて初めて
「そうかな?」
と思いそこからだんだん、エスカレートしていく彼に
「やっぱりおかしいよね。」
と少しづつ気づきます。
独りだと、、、エスカレートしての最終的にノイローゼ?
になるんではと思います。
以前も同じようなタイプの人を選んだことがありましたので。。。

では、長々と書き込みしましたが・・・


コメントありがとうございましたm(__)m

喜智璃 (きちり)

'15年3月4日 14:55

むーさんへ

こんにちは(^^♪

恋する愛は、もうそろそろ無しにして落ち着いて
むーさんの言うようにお互いを受け入れて
陽だまりのような愛を家族の中に吹き込みたいです。

ですが、彼がいないほうがいいのかなぁって
そう感じる面もあります。
老後が心配でねって子供に言うと
「僕や姉貴がおるやん。」
と一言言ってくくれました。

この言葉、サイコーに親として嬉しかったです。
正直言うと、不安だらけですから。。。(>_<)

大切なもの。。。愛情の欠片はいつも見える場所で
ひっそり輝いているのに気が付こうとしなかった私です。

コメントありがとうございますm(__)m

むーさんも、お体ご自愛くださいませ(^^)/


コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P