携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

飛べない小鳥

作: 今日の日は

私は5羽兄弟の末に生まれた。
「とんで、とんで。」と親は言う。
私は羽をばたつかせ、親は微笑んでみている。
「とんで、とんで。」と親は言う。
ちっとも進歩しない私に親は怒りが募り始める。
「とべよ、とべよ。」と親が怒り、
少しは飛べるもすぐ落ちて、
「とべよ、とべよ。」と親が怒り、
結局飛べずに見放され、
巣の中1羽、残された小鳥。
何がいけなかったかわからない。
でも死ぬ間際にこう思う。
「次はとべる鳥になりたい。」

※この詩(ポエム)"飛べない小鳥"の著作権は今日の日はさんに属します。

作者 今日の日は さんのコメント

急に思いついたものを書き綴ったものです。
初投稿なのでそこのところよろしくお願いします。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
切ない 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

__

'16年6月11日 18:53

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

USBI7731 さん
 こんばんは

とても切なくこの詩を拝見させて頂きました。
今の親子さんたちは自分の子供が少しでもよい大学までいけるようにと小さい時から英才教育をしています。
飛べなくともこの鳥はこの鳥なりのよい素敵なものをもっていたと思うのですが、子供達の英才教育と格差の問題が日増しに大きくなってきているようで、文明って人の心を変えてしまうのかと思うむーです。

今日の日は

'16年6月11日 20:41

>>むーさん
こんな詩にコメントしてくださってありがとうございます。道端で鳥が飛べずに地面でバタバタしているのを見て思いつきました。
自分も同じような考えを浮かべながら脳内で考えていたのでこのようなコメントをいただきありがたいです。ありがとうございました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P