携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

いつかキミが消えてしまってもボクは君を想います

作: 樹歌

一緒にうまれてきたわけじゃない
一緒に同じタイミングで生きてきたわけじゃない
一緒に全部がそれこそ同時に成長してきたわけじゃない

だけど信じたくなるときがある
きっとそれはとっても不安定なものだし
端から見たら些細なことで
気になんてしてらんないような、そんなこと

ボクにはそれが大きな信頼なんだ
一緒なのが幸せなのかもしれないけど
一緒じゃないのも幸せだって思えれば
ボクと君はもっともっと幸せ者になれるね

気がつけば途中まで歩いてきた道のりに
振り返れば思い出すのはたくさんの出会い
つむいでつむいでボクがいる
そうやってキミも歩いてる

いつかキミが消えてしまっても 僕はキミを想います

※この詩(ポエム)"いつかキミが消えてしまってもボクは君を想います"の著作権は樹歌さんに属します。

作者 樹歌 さんのコメント

今思いついた言葉を恋愛風に羅列してみました
まとまりなくてすみません(笑)

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
かわいい 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

__

'16年8月9日 10:50

この詩(ポエム)を評価しました:かわいい

一緒に同じタイミングって言うのもおかしいし、君とキミが何故か二個あるのもおかしい。
しっかりせいっ!!

樹歌

'16年8月16日 06:02

まとまりなさすぎました。
君とキミはわざと2つ使ってました
ふっと思いついてそのまま書いた言葉の羅列だったので
変な表現になっちゃってますね笑
優しい目で見ていただけるとありがたいです。
ありがとうございます。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。