携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

『青林檎』

作: うたがわ きしみ

僕が「青いね」っていうと

君も「ええ……青いわ、とても」っていう

僕は――「海」を見て
君は――「血」を見て
そう言う

僕が「もう帰ろうか」っていうと
君も「ええ、還りましょう」っていう

僕はひと気のなくなった暗い浜辺で
君はただ、遠い空を眺めながら
そう言う

もう一緒には居られないのに……

ふいに潮騒が大きくなる

ボートの底で仰向けに寝かされていた君が

永遠に黙り込んだ

最後まで僕を許しながら笑って

けして許さなかった君

これで、おあいこだ

僕はコートのポケットから林檎を取り出し、一口だけ齧って

君と一緒に海に捨てた

どこか、赤子の泣き声に似た

耳の奥にざらざらとよく響く潮騒が、一段と大きくなった

――あ。

君の血は――本当に青かったのか

長い黒髪に巻きつかれたまま波間を浮き沈みする

あざといくらい真っ赤だったあの林檎が

あちこちから流れ出た君の血に溶けて……

海みたいに真っ青だ

――赤

――黒

――夜

――海

――青、青、青……

……わかってる

本当は

ただ

ずっと

僕を絶対に愛さない、君と居たかった……

――月のない夜

潮騒が、ひとつ、遠くで跳ねた

※この詩(ポエム)"『青林檎』"の著作権はうたがわ きしみさんに属します。

作者 うたがわ きしみ さんのコメント

あ、もひとつあった。
ではではこれにて。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P