携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

まだ詩を歌ってる

作: Hareruya

どこで足を滑らせたんだろう
暗い谷底に落ちていく
上を向く余裕なんかないや
不安に駆られる日々に身を任せる

どこで波に呑まれたんだろう
深い海底に沈んでいく
息継ぎできずに呼吸困難
疲労ばかりの毎日を漂う


でも神様、
私、まだ詩を歌ってるんです
光の見当たらない世界の中で
罵り、蔑まれても、
綴り、削り、詩を歌ってるんです

辿った軌跡は不器用で
煌びやかな花道ではないけれど
ありったけの自分で歌うんだ
確かにまだ生きて、もがいてるから


だから神様、、ねえ。

※この詩(ポエム)"まだ詩を歌ってる"の著作権はHareruyaさんに属します。

作者 Hareruya さんのコメント

冬の一夜に

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (1件)

だび

'17年1月12日 09:29

この詩(ポエム)を評価しました:共感

「綴り、削り、詩を歌ってるんです」
この詩行に共感できますね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P