携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

作: 風雲

寄る辺のない船が近い場所を望むように
あなたを待っていた

あなたは船に乗らない
肉とパンを私に与え
私は魚をあなたにかえす
また来てねとあなたはいい
私は心から もちろん と言う
出航を最後まで見守るのはあなたの性分で
背中をかっこつけるのが私の習い
そしてまた
船で海を切る
魚を取るたびあなたが煩わしくもあり
寄る岸を繰り返しては
あなたを思い出す

繰り返し 繰り返し
私はその岸に赴いてしまう

※この詩(ポエム)"岸"の著作権は風雲さんに属します。

作者 風雲 さんのコメント

その岸はあたたかく
その岸は無邪気にでこぼこで
その岸は遠い

けれど訪れてしまう人へ。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P