携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

昊の序章

作: ・:*+.紅茶.:+

白い月の隣に一粒の光

黎明の世界で

お前を見つけられるのは

きっと わたしだけだ

飛び込んでくる微かな光との

静かな出逢い



青空に輝く恒星が選んだ

1500年の孤独な旅の終着点が

わたしの双眸だった事を誇りにおもう



※この詩(ポエム)"昊の序章"の著作権は・:*+.紅茶.:+さんに属します。

作者 ・:*+.紅茶.:+ さんのコメント

if i find the slight light in azure, i can ...

恒星のモデルはデネブでしたが
天文学はそこまで詳しくないので
言ってしまうと矛盾が生じてしまいそう

昊→音読み:コウ 訓読み:おおぞら

黎明(れいめい)
1.夜明け。明け方。
2.新しい事柄が始まろうとすること。
また、その時。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。