携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

雨と飴

作: Lena

雨と飴が
同じ言葉で

出来ているのは
なんでだろう

空に浮かぶ雲を見つめて
少し分かった気がしたの

雲はいずれ雨となって
大地に優しく降り注ぐけど

わたあめってね
舌に触れたら
甘くて優しい飴となって
癒しと笑顔をくれるよね



※この詩(ポエム)"雨と飴"の著作権はLenaさんに属します。

作者 Lena さんのコメント

どっちも私は好き。だけども雨の方は
雨上がりの方がもっと好き。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

とくさん

'17年6月30日 18:38

この詩(ポエム)を評価しました:共感

こんばんは

飴と雨・・
何故同じ言葉で出来ているか?
少し説明的になりますが
どちらも元々は液体だから・・かな?(^_^;)

雨上がり…
そうですね
特に真夏のスコールの様な通り雨の
後の今しがたの暗さから行きなり雲の
切れ間から太陽の光が射し込んでくる光景が・・
                     僕の大好きな
                       雨上がりですね(^_^)
                       (コメントありがとう!) 

Lena

'17年7月20日 20:14

とくさん 様

ご返信が遅くなり大変申し訳ございません!
雨と飴。
砂糖は「溶けて」甘い水になるし
雪は「溶けて」雨になる。

本当、どちらも液体なのに
凄い不思議ですよね。。。

雲の切れ間から太陽が照らしていく光景って
雲が泣きやんだみたいに凄く嬉しくなりますよね。
こちらこそいつもありがとうございます!
またお願いします!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P