携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

The Life End

作: 赤ちゃん◎

ただ泣いていた 真夜中の教室 救いのない友情の終止符(ピリオド)
自らの手で葬ったかつての親友は目の前で無惨な姿 嗚呼…後悔先に立たず

暗黒の空に自分自身の心を重ねてみた 凍えるような冷たい風を感じる
僕を嘲笑うような降り止まぬ雨に堪えきれぬ恐怖感を抱く
ビュービュー ザーザー そして逃げるんだ逃げるんだ
不気味な人気ない いつもの帰り道を走っている

今まで何かを積み重ねてきた気でいたんだ その結末がこんな形だとは
こんなにも募り積もっていた君への愛や夢も もう何もかも消滅してしまう
君は死を選択するんだろ? なぁそうなんだろ?

幸福な人生なんてさ いつまでも続かないのは当たり前
君に溺れていたのはアイツも同じだった だから駄目になった三角関係
The Life End 死後の世界へ 永遠の苦しみが待っているんだ

陽が昇らぬ薄暗い空 自分自身の罪省みていた 生温かい地獄風
ガシャーン ザーザー 皆暴れている 狂い果てた 秒読み死亡時間
絶望の叫び声が木魂す 悲痛なる魂の絶叫

幸せな人生なんて… 当たり前だがいつまでもは続かなかった
不幸せに巡り合わせ そうなる事こそ僕自身の宿命
The Life End 死後の世界へ連れて行こうとする真っ黒天使「サァハヤク」

爆笑の渦巻きに飲み込まれて最高だった毎日も次第に変わってしまったなぁ
想い返せば本当の自分が解らなくなったあの日から人生の歯車が狂ったんだ
嗚呼 不甲斐ないや 嫌嫌嫌

「ごめんなさい…生まれて来てしまって」
一瞬にして崩れ落ちたよ 絶望ゼツボウZETSUBOU
"死"あるのみなのに 未だ揺れ動く絶望論
そろそろ逝かなくちゃ 完全なる精神 それは正に"死"だ

だけどあの頃のあの最高の笑顔が ただ脳裏から離れないんだ
未練がましくまだこうも離れられず この三人の公園に留まっている

「ただ消え去り失うのみの人生じゃなかったが」

※この詩(ポエム)"The Life End"の著作権は赤ちゃん◎さんに属します。

作者 赤ちゃん◎ さんのコメント

16歳か17歳の現役高校生の時代
頭おかしくなっていた時できたものです

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
切ない 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'17年7月1日 18:03

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

この世に生かされている人は皆、この世でやるべきことがあるからだといいます。私は、最近新しいやるべきことを見出しました。生かされている限り、チャレンジするしかありません。

赤ちゃん◎

'17年7月1日 21:02

まゆたん有難う
僕は修行を続け歌を作り続けます
応援してね
苦しいよ

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P