携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

氷の薔薇

作: ホワイト

心の叫び声が聴こえるでしょう
あなたのその若さが憎らしくて
時は無惨にも 移りゆく季節と共
に 薔薇の花を枯らしてしまう

風と共に思い出だけが 夜更けの
街並みを流離い木枯らしを震わす
いつかは悲しみと絶望の日々が来る気がした

あなたのその唇せつなすぎて

咲き誇らせもう一度氷の中の薔薇でもいいら

時間に溶けぬ若さが
今は無償に欲しくてたまらない


愛し方が解らぬ
悲しい薔薇のよう 私はまるで


短すぎる花の命は溶けた氷と共に砕け散る


無くした思い出の欠片必死に寄り集めながら

どんなに誇って魅せてもあなたのその唇と 若さが憎い

若さが憎い・…

※この詩(ポエム)"氷の薔薇"の著作権はホワイトさんに属します。

作者 ホワイト さんのコメント

なんとなしに詩を書きました。読んでくれたら嬉しいです。宜しく。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P