携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

☆時間よ止まれ☆

作: dagg2





あっ、そこは駄目よ
   彼との甘〜い日曜の昼下がり
   昼食は昨晩から煮込んでいたビーフシチュー
   バターロールにコーンサラダ
   挽きたて落としたてのマンデリンコーヒー
   顔を見合わせ はにかみながら
   ≪美味しいね≫ と ひと言
   ブラトップにホッパン
   彼もお気に入りのポロシャツに短パン
   甘〜い あま〜い日曜の午後

あっ、駄目よ 昼間っから
   彼の顔が 目の前に
   軽いハグと 食後の甘〜いキス
   幸せな時間が流れて行く
   ≪時間よ 止まって≫
   彼は夕方 東京に戻るんです
   一緒に居られる時間も もう少し

あっ、駄目よ〜ぉ
   ≪時間よ 止まれ≫




※この詩(ポエム)"☆時間よ止まれ☆"の著作権はdagg2さんに属します。

作者 dagg2 さんのコメント


永遠の妖精・オードリーは・・

≪神様は扉を閉めても、窓は開けておいてくれる≫

≪手≫は言葉よりも多くを語ると言う≪恋は指先から≫

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
タイトルいい 1
かわいい 1
優しい 1
好感触 1
合計 5
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (10件)

七味(まったり活動中)

'17年10月13日 21:33

この詩(ポエム)を評価しました:好感触

なんかコメントの方がポエムになっているような(;'∀')
良かったです(^▽^)/

むー

'17年10月13日 22:04

この詩(ポエム)を評価しました:タイトルいい

dagg2 さん
 こんばんは

今が最高…幸せが溢れ出してくる詩です。
まさに☆時間よ止まれ☆ですね。(????)

RARA-Z

'17年10月13日 22:12

この詩(ポエム)を評価しました:優しい

ボス、おばんです。

このポエムを読んだ猿飛は唖然とし、才蔵に到っては木の葉隠れの術ガ使えなかったでしょう。ボスが良く言う、書いた者勝ち・打ち込んだ者勝ちなんですね。
甘〜〜いですね。おお甘です。
でも、このポエムがボスなんですよね・・・

楽しく読ませて頂きました。

Taka.

'17年10月13日 22:38

この詩(ポエム)を評価しました:かわいい

daggちゃん。 こんばんは。

daggちゃん、この詩はズルいでしょう?
幸せ感が とてもリアルで思わずハマってしまう自分も悔しい。。。
いいなーいいなー。幸せそうで何よりですねっ!
その甘〜い刻が、おばあさんになっても続きますように・・
なんて、余計なお世話だよね。
いつまでも、ずっとずっと お幸せにねっ^_−☆

杉菜まゆか

'17年10月14日 07:48

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

昨晩から煮込んでおいたビーフシチューというところに、久しぶりにあう夫婦の絆の温かさを感じますね。

dagg2

'17年10月16日 16:08

七味さん、こんにちわ。

コメント欄も良かったでしょう?

≪恋は指先から≫ 変なことを考えたらいけません!
若かりし頃に戻って指をからませながら歩いたり、いたずらされた時はあの人の小指をかんであげて下さい。

華のお江戸は今日も雨、寒い1日になっており?。

                       〜dagg

dagg2

'17年10月16日 16:31

むーさん、こんにちわ。

札幌赴任の3年数か月、江戸に戻れてから半年後には生まれ故郷の京都赴任がつづき、彼には(私もですが)寂しい思いをさせたかも知れません。
昨年の5月に東京に戻りtwin’sも産まれ、子供と一緒に遊んでいるんです。楽しいです。
この人妻、札幌・京都赴任中は、時たま『妻』の一文字を忘れることがありました!
遅まきながら、叔母から料理の手ほどきを受けております。

                          〜dagg

dagg2

'17年10月16日 16:43

テケへ

するどい!
こう言うサイトは、書いちゃった者勝ち・打ち込んじゃった者勝ちになり?。

>でも、このポエムがボスなんですよね・・・

と、ありますが、これはノンフィクションであり、目指すポエムは失恋物とか恋をしてる二人の ≪恋詩綴り≫ になり?。
私は経験が少ないから、願望を込めて描いているんです・・

食欲の秋、ご用心のこと!

                         〜dagg

dagg2

'17年10月16日 17:01

Taka.兄さま、こんにちわ。

今は、これが『三食・布団・男付き』の生活なんだ・・と、考えたら楽しいです。立てそうでまだ立てない我が家のtwin’s、昨日で1歳を迎えました。竹と義父・叔父叔母のお蔭で、風もひかず・熱も出ず・お腹も壊さず、病気らしい病気もせずに1年を過ごせたことに感謝しており?。男の独り住まいは寂しそう?
地元の女子会とメンツを揃えて合コンしたらどうですか?

1組2組花が咲くかもしれません。その中に兄が入れますように・・

                        〜dagg

dagg2

'17年10月16日 17:32

姉さま、こんにちわ。

姉さまは、良く判って下さっていますね。
彼のため、コトコト煮込んだビーフシチューは、美味しいを通り過ぎてバカ旨でした。今は総料理長の叔母の指導で料理のイロハから教えてもらっています。札幌・京都赴任中は友の姫と100%外食でした。
実家の板場のお兄ちゃんから能書きは教わったのですが、てんで出来ず・・
東京に戻って来てから家庭料理の奥深さを知った次第・・
食に関しては能書きはあまり必要ではなく、経験なんですね!

                       〜dagg

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。