携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

世界は彩も無く

作: 波の音潮音

貴方も私も終に知ることは無かった まさかそんな日が来るなんて

空は低く冬は足早に世界を染めつかの間の色彩を音も無く奪ってゆく

後に残されたのは響く風の音 途切れる事も無く飄々と

凍てつく睫毛 瞬きも出来ない

繋いでいたはずの貴方の手 指の隙間を棘風が嗤う

立ちすくみ振り返ることも明日を望むことも出来ぬまま

嗚呼

私は終ぞこのままに

※この詩(ポエム)"世界は彩も無く"の著作権は波の音潮音さんに属します。

作者 波の音潮音 さんのコメント


遠雷微かに響き冬の帳にこの身隠して・・・


この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (1件)

Nia

6日前 ('17年11月15日 14:45)

この詩(ポエム)を評価しました:深い

曇天と寒さと切なさと
悲しいような美しいような詩ですね

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P