携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

身欠月の夜

作: 波の音潮音


四角く切り取られた窓の向こう

黄色い三日月がユラユラ揺れている

そんな夜は誰かが悪戯に塗り潰した様に蒼色で

散りばむ星は滲むことなく縁どられ光る 電点(てんてん)と

建ち並んでいたはずのビルは帳に隠され陰だけを残し

呼吸の様に点滅する赤と緑のライトが突き刺す様に言葉も無く蠢く二人を嗤い照らす

嘘の名前

嘘の瞳

嘘の悦びと嘘の哀切

歪む乳房にわざと零した溜息が乾いた空気に消えてゆく

窓の外には黄色い三日月が不安げにユラユラと揺れ

抱き締められて雌魚る(しなる)私は

嗚呼

偽物の黄色い身欠月

※この詩(ポエム)"身欠月の夜"の著作権は波の音潮音さんに属します。

作者 波の音潮音 さんのコメント


色々勝手に言葉を造るのですが、身欠月(みかづき)はお気に入りの言葉の一つです。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

Nia

6日前 ('17年11月15日 14:49)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

波の音潮音さんの詩はいつも綺麗で
そして、なんだか苦しくて切ないです。
変なコメントでごめんなさい
でも、そんな音潮音さんの詩が大好きです

波の音潮音

6日前 ('17年11月15日 17:22)

Niaさんこんばんは。コメントありがとうございます♪

現実の私が綺麗さとはかけ離れた生き物なので、せめて詩位は美しくあれと日頃から思っているのですよ(苦笑)
ごめんなさいだなんてとんでもない。とてもとても嬉しい感想を頂いて幸せです♪

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P