携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

おかしなあさ

作: ちむにー

あさめがさめたら
ぼくはおかしなことに
しきぶとんをからだにかけて
かけぶとんのうえでねていた

きっとねむっているあいだに
おねえちゃんにいたずらされたのだとおもって
ぼくはおきあがって
おねえちゃんをよびにいこうとした
しかし ふとまどのそとをみると
そらはまっさおなうみになっていた
うみはまっさおなそらになっていた

あさめがさめたら
ぼくはおかしなことに
べつのせかいにまよいこんで
もとのじぶんのままねていた

※この詩(ポエム)"おかしなあさ"の著作権はちむにーさんに属します。

作者 ちむにー さんのコメント

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
おもしろい 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

むー

1週間2日前 ('18年1月13日 02:11)

この詩(ポエム)を評価しました:おもしろい

ちむにー さん
 こんばんは

全てさかさ
其れもまた夢
とても面白く拝読させて頂きました。

ちむにー

4日前 ('18年1月17日 18:40)

むーさん、コメントありがとうございます。
これも半分僕の実話で、小さい頃朝起きたら
敷き布団と掛け布団が逆になってました…。
おそらく姉のイタズラだと思ってます…。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P