携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

虹が架かるとき

作: Re:Metatron

空を越えて
星を見ている
同じあの星座を
見つめている

幸せはきみと築こう
同じ歩幅で歩いていこう

空を越えて
きみに伝える
淡い恋心を
伝えてみる

好きというひとこと


刻を越えて きみに届けば
きみはどう想うだろう
虹をわたり きみと出逢えば
きみはどう想うだろう

臆病な胸の内と
大胆な思い切り


P.S.
あなたが
受け入れてくれるのなら
その繊細なアンテナを使って
いつでも どの空の下でも
僕を感じ取って下さい

貴女の感性がとても好きです

※この詩(ポエム)"虹が架かるとき"の著作権はRe:Metatronさんに属します。

作者 Re:Metatron さんのコメント

繊細なアンテナ

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'18年1月13日 05:06

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

虹は和解のしるし。大雨のあと、虹がかかりそれから晴天になりますが、和解するということは、なにかが始まる予感がします。

Re:Metatron

'18年1月14日 00:40

杉菜さま、コメント+評価ありがとうございます。

始まりの兆しであればいいですね^^

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P