携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

愛しさ⇔切なさ

作: ヒイロ

「じゃあね」と言って手を離した
まだ一緒にいたいと強く握られた
温かな感触がまだ残っていた
遠くなっていく小さな姿を
見えなくなるまで見送っていた

君と出会うまでは
誰かがそばにいなくても
平気なはずだったのに
気付いてしまったその空白に
物足りなさを感じていた

どうしようもなく僕たちは
お互いを求めあって
時に離れて
寂しさを埋めるように
身を寄せ合った

愛しさは切なさに
切なさは愛しさに

※この詩(ポエム)"愛しさ⇔切なさ"の著作権はヒイロさんに属します。

作者 ヒイロ さんのコメント

ずっと二人でいると、一人になった時に無性に寂しく感じる。
切なくなって会いたくなってまた君のことを考えている。
寄り添って離れてのループ。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P