携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

どうぞこのまま

作: 波の音潮音


二月の冷えた空気

宵闇に晒した背中を貴方の指先がなぞり それはやがて途切れる事のないメビウスの帯

夜風に震える古ぼけた磨りガラス 二人の熱が雫に変わり力無く滑り落ちてゆく

窓から見る東京の街並み

毳立つネオンの波が雨を喰みながら打ち寄せて私はまた貴方に墜ちて逝く

それはまるで雫の様に

それは 嗚呼 まるで雫の様に

だから

どうぞこのまま私だけを絡めていて

私以外誰も見ないで

くすんだガラス玉の様な瞳に泣きながら笑う私の顔が逆さまに映る

貴方の悪戯けた気紛れも安い嘘も私なら容易く飲み干せる

だから

どうぞこのまま私だけを絡めていて

貴方以外を探そうとする瞳と唇を塞いでいて

降り止まぬ冬の細雨がまた磨りガラスを曇らせてゆく

毳立つネオンの波がまた打ち寄せる

夜に二人が墜ちて逝く

※この詩(ポエム)"どうぞこのまま"の著作権は波の音潮音さんに属します。

作者 波の音潮音 さんのコメント


冷たい雨が降るこんな日はあなたに側にいて欲しい。


明日叶うはずの幸せはいらないから


冷たい雨が降り止まないこんな日は


どうぞ私の側にいて何も言わず抱き寄せてください

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (1件)

Nia

'18年3月6日 20:15

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

ほんとに読むたびいつも波の音潮音さんの
ワールドにはまっていきます。
素敵で切なくて、艶めかしくて。
ほんとに波の音潮音さんの詩は大好きです

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P