携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

いま 足をとめて

作: あかいひかり


いま 足をとめて

風に吹かれじゃれあう

クローバー

ケラケラとした君の姿を透かして ひと葉

ユラユラとした恋の訪れを透かした ふた葉

片想いなら幸せ


いま 足をとめて

胸の内の誰かと共に四つ葉を探せるということ

幸せなこと


足をとめて 大きく息を吸って見上げた

桃色の雨は儚い幸せ

いま君は幸せかい と優しくそっと肩を撫でるように

幸せかい?



いま 足をとめて

うつむき携帯片手にあしばやに歩く人々

足もとのピントのズレた黄色い花はささやくような

春うらら

気がつけ

いま



いまが

幸せだということを



いま 足をとめて










※この詩(ポエム)"いま 足をとめて"の著作権はあかいひかりさんに属します。

作者 あかいひかり さんのコメント

幸せ。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
好感触 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

せぃたろー。

2週間1日前 ('18年4月10日 12:42)

この詩(ポエム)を評価しました:好感触

なんだか、凄く好感がもてる詩だと思いました。
確かに一度足を止めることも必要なのかもしれませんね。

あかいひかり

2週間前 ('18年4月11日 09:46)

せぃたろーさん
ありがとうございます。

この詩にふと気がついてくれて嬉しいです。




コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。