携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

テツガクねこ

作: 関谷俊博

ねこはとつぜんおもいたった。
「ぼくもテツガクしてみるにゃん」

それまではイワシのあたまのことしか、かんがえてこなかったのだ。
たまにはべつのことも、かんがえてしかるべき。
しかしテツガクするとは、いかなることか。
ないちえしぼって、ねこはかんがえた。

…………。

「やっぱりすぐにテツガクは、ムリだにゃん」
まずはイワシのアタマのことを、考えてみよう。

イワシのアタマ…イワシのアタマ…イワシのアタマ…イワシの…。

やがてねこは、ひとつのけつろんにたっした。いきがとまるほどの、おどろきだった。

ねこがいるから、イワシのアタマはそんざいし、ねこがいるから、セカイもそんざいする!

「イワシのアタマも、つきつめると、テツガクになるにゃん」
ねこはあんしんして、イワシのアタマのことをかんがえた。こころゆくまで…。

※この詩(ポエム)"テツガクねこ"の著作権は関谷俊博さんに属します。

作者 関谷俊博 さんのコメント

ねこはとつぜんおもいたった。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

__

'19年1月26日 11:35

この詩(ポエム)を評価しました:深い

イワシのアタマかぁ…
ねこも生きて行かなきゃなんないからねぇ・・・・

関谷俊博

'19年1月26日 17:04

そうだねえ…。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P