携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

★めぐりあい★★

作: dagg2



本当に愛していれば 会いたいと願えば

いつかまた めぐり会い 愛し合うことが出来る

子供の頃の カクレンボと同じ

絶対に見つからないように 隠れていても

あなたは 心のどこかで

私が見つけるのを 待っているはずだから

数え切れないほど すれ違っていても

一生懸命 祈ればきっと

愛する二人は いつの日か まためぐり会える

静かに 唇を 指先で探しているように。

              2014/11/17UP






2012/8/25公開!
2012/7公開前の試写会・札幌ニトリホールにて。

熟女2人のお供をさせられ、札幌はすすき野の、なると鶏半身揚げ。
鶏唐揚げで有名な「ザンギ本舗・なるとすすき野店・とりせん・北海地鶏庵」
元祖さっぽろラーメン横丁の「特一富屋」の正油ら〜めん(ばか旨!


札幌に赴任してる時のことでした。
物語のナレーションのナレーターを務めてくれた檀ふみさんからの電話でした。

★三枝、いま札幌に友達と来ているの?
 映画の試写を見てくるから後で美味しいところに案内しなさいよ。
 そうだ、あなたも一緒に試写を観に行こう!
 あなたも良く知ってる人の試写だから?

☆私の知ってる人、ですか?
 かまいませんけど。

札幌のニトリ文化ホール(旧、厚生年金ホール)で行われた映画の試写会、一期一会の旅を続ける健さん主演の「あなたへ」でした。
タケちゃんも佐藤浩市・草薙も綾瀬はるかも、妻役の田中裕子さん共演の何かいい感じのものでした。

亡き妻の想いをたどり、妻の故郷長崎への旅。

多くの人との出会い、そこには妻の本当の願いがありました・・
あなたの大切な思いが、大切な人に届いているのか?
人生の光と影を描き、亡き妻の想いをたどる健さん6年ぶりの主演作「あなたへ」の試写でした。

檀さんのお友達は、コメンテーター&作家の阿川佐和子さんでした。

背は高からず高からず、見識の深さに圧倒されっぱなし!

健さんは京都の実家のお客様で、うっとこと一緒に撮った写真が私の机の写真スタンドに飾られています。

試写がはねた後は、すすき野のいつもの炉端焼き屋さんへ直行、お二人は大満足のご様子、チョッと酔っちゃったみたいです。
旅行中は呑まない約束だったらしいのですが、連れてこられたところが炉端屋さんじゃ、呑まないわけにはいかないと言うんです。

本場のサッポロビール&地ビールを呑んで、エンジンはフルスロットルに・・
熟女2人に小娘が一人、バラしちゃいますがお二人とも酒豪かも知れません!

★三枝、あなたも呑みなさい。
 今日は佐和がご馳走してくれるから。

すかさず、阿川さんが・・

★いいわよ、ご馳走しちゃう・・と!
 三枝ちゃん、遠慮しないで呑みなさい。

初めて会った阿川さんにそう言われても下戸の私は・・
店主のお兄ちゃんが気を利かせてくれて杏子酒の炭酸割りを出してくれたんです。
檀さん本当に酔っちゃって、呂律の周らない感じで健さんに電話しちゃったんです。

出ちゃいました健さんが・・

檀さん、何か怒られてる感じでした。

檀さんが初めて映画に出たのは健さん主演の任侠物「昭和残侠伝・破れ傘」その時から私は、健さんのお嫁さんになるんだと心に誓ったそうなんですが、健さんは妹のように接するだけで、今でも健さんからのプロポーズを待っていると(本人・談
まっ、ダメでしょうネ(こんなことは本人を前に話せないですけどネ

★健さん、今、京都の南詰の彼女に代わるから。

そう言って、携帯を私に渡すんです。

☆ご無沙汰してます。南詰の三枝です。

★京都南詰のお嬢ちゃんか・・
 ふみちゃんからあなたの活躍は聞いているから
 ふみちゃんに、あまり深酒はしなさんなよ、と言っといて。
 秋口には南詰に行くと大女将に伝えて於いて下さいと

映画の中の律儀な健さんが、耳の向うにおりました。
お二人とも明日から知床の夏を楽しんで来るから、3日後にまたここで会うから、カニは知床で食してくるから何か美味しいところに連れて行ってと。

3日後も炉端焼き屋さんでのダべリング。

お二人の口は絶口調、私はしぼんでい?。

1度目の時からお兄ちゃんは、檀さん・阿川さんに気付いていて、2度目の時に色紙を出されてお二人で色紙にサイン。
珍しいものが手に入ったとお兄ちゃんも大喜びの様子でした。
札幌に来て、まだ本場のサッポロラーメンを食してないというので、行きつけのラーメン屋さんへ行ったんです。

ここのお兄ちゃんは私に「ホの字」の方なんです。

〆のラーメンの前にまずビール、お兄ちゃんもお二人に気付いたようで、裏メニューの甘辛チキンウイングを出してくれたんです。
この鶏がまた美味しくて、ラーメンはそこそこ食し、生ビールにこの鶏唐揚げを食しながら美味しい美味しいと大騒ぎ(私は、恥ずかしかったわ?
この鶏肉よりもっと美味しいお店があるから三枝に案内してもらえば、とラーメン屋のお兄ちゃんが言っちゃったので、そこに行こうと言うことになり、私は大慌て。
閉店まじかの「北海地鶏庵」に電話を入れて、今から行くから閉めないでネェ〜〜

北海地鶏庵の梅塩味の鶏肉、こんな美味しい鶏肉を食したのは初めてと阿川さんが言っちゃったから、大将も暖簾をしまい閉店してからも鶏料理が出てくる出てくる!
粋(すい)も辛いも充分に知った熟女のお二人、私のような小娘はまだまだ付いてはいけない。

健さんの試写に始まり、独り身の熟女のお供は疲れます!

でも、素晴らしいお二人でした。

明日は苫小牧からフェリーの船旅、お昼はここ地鶏庵で食してから向かうとのことで、大将も鶏弁当を作ってくれたんですよぉ〜
私も20年後には立派な熟女、出来ることならこのお二人のような熟女になっていたいものです。
後日、大将ののところにも私のところにもお礼の電話がありました。

人との「出会い」は、その人によって違ってきますけど、自分をひと回り大きくしてくれるかも知れません!

仕事上でも的確なアドバイスをもらえ、ボスとはまた違った角度から話し相手を見てくれました。
このお二人はジョイントで本を描いてる作家でもありますし、すべてを学んで旅作家の道を進むのもいいけれど、コラムニスト・エッセイストのライターの道を進んだ方がリスクは少ないはずと・・

そうよネ・・

近いうちに結論を出さなきゃ!

※この詩(ポエム)"★めぐりあい★★"の著作権はdagg2さんに属します。

作者 dagg2 さんのコメント


紅葉のつずれ織が一面に、木の葉を落とす頃
秋の道内各地の暮れはツルベ落とし。
9月の大地は黄金色に輝き、稲穂でおおわれる・・
日本1の米どころ・北海道。
短い秋の陽だまりを浴び、稲穂と色づき始めた紅葉と民家が一帯となり、美しい風景を作り出す。
海では大漁旗をなびかせて、秋の味覚の秋刀魚船か行きかう


北海道の夏と秋は短い。
11月に入ると、空からは白い妖精たちが舞い踊り、道内を白1色に染め上げる。
束の間の短い秋も恋の季節・・
乗り遅れては大変と、道産娘雀も大忙しの秋である。
白い恋人たちも、行く秋を惜しみながら恋花を咲かせる
秋物語最終章、白い冬はもうそこまで来ている。

私は今、萩の城下町を訪ね歩く歴史旅を味わっています。
白壁・なまこ壁・黒塀がつづき、幕末の風雲児・維新の三傑と見処いっぱいの萩なんです。
レトロな喫茶店では懐メロが流れ、いい感じです・・

「もっと強く抱きしめてよ 奪われないように」

「木枯らしの二人」です。

もう、奪われてしまいましたが・・
旅に出ると昨日とは違う私がいるんです。

日が暮れると寒さが増してきますが、秋空の旅を感じています。
羨ましいっしょう・・
これが仕事だからやめられないんです。


今は宮島に来ていて、美しい夕陽を拝むことが出来ました。


この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
素敵 2
合計 3
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (6件)

杉菜まゆか

1週間1日前 ('19年8月12日 17:20)

この詩(ポエム)を評価しました:共感

私は今、ノンアル専門ですが、昔は芝居を見にいった帰り、日本酒一合でほろ酔い加減になったものです。dagg2さんの文章は、まるで写真のように風景が目の前に広がっているようで、風が吹くようなさわやかな気持ちになります。

ももこさん

1週間1日前 ('19年8月12日 18:47)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

daggさん こんにちは

めぐりあいは、かくれんぼと同じ。
素敵ですね。
縁があれば必ずめぐりあえますね。
コラムニストかエッセイスト、いいですね〜。
頑張ってくださいね。
今宮島に来ておられるのですね。(^−^)
宮島の夕陽、きれいですよね^^
ついでにうちにもお寄りください。
お茶の一杯でもお出ししますよ。なんて。。。^^;

RARA-Z

1週間1日前 ('19年8月13日 09:13)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

ボス、おはようございます。

やはりボスって、ポエムを描くのも上手ですね。

>静かに 唇を 指先で探しているように。

結びも、いいですね。
この、ポエムの「めぐりあい」とコラムの方の「出会い」をかけてある構成も健さんが出てきて、まるで檀さんがナレーターをしているようでしたよ。
炉端焼き屋さん、唐揚げ屋さん、なんか、私も唐揚げが食べたくなりました。

一気読みで、読ませて頂きました。

               テケ

dagg2

1週間1日前 ('19年8月13日 10:53)

姉さまへ

姉さまこんにちわ。
いつもお世話様です。
姉さまよりアルコール系は、うっとこの方がチョッとだけ強いかも知れません? もっぱら呑めるのは梅酒の炭酸割りと杏子酒の炭酸割りのチョッと甘いお酒でないと呑めません。
舎妹たちと飲み会に行っても、キリンレモンを呑んでい?。

ポエム・コラムを読んで情景が目に浮かぶ人って「知・情・意」では、情的過程全般でも「感情」の豊かな方だそうです。

姉さま、凄〜〜〜〜〜wwい。
イェ〜〜〜イ !

阿波踊りに行きたかったのですが、台風が凄そうなので行けず、竹と子供を連れてお寺廻りをしてい?。
                京都より/dagg
                   

dagg2

1週間1日前 ('19年8月13日 11:53)


ももこさ〜〜〜ん
も、もう残念!

このポエムは札幌赴任中のもので、二杯目ココアの方に移しちゃったので詩のコ―ナーにはなく、もう一度こちらに持って来たものです。

コメント欄に打ち込んだ道内の晩秋を書き込み、三段目以降は道内から萩・宮島を旅した時(JAFの季刊誌に載せるため)のことまで書き込んだものになり?。

>ついでにうちにもお寄りください。
>お茶の一杯でもお出ししますよ。なんて。。。^^;

10月に宮島に行けるかも知れません?(誰がライターで行くか決まってません
ボスのうっとこが手を挙げれば決まりですが、チビ太君たちもいますしなかなか、出かけることが出来ません。
うっとこの会社は文系と画(え)系の2本柱のstaffでここまで来ています。(うっとこは文系のライター兼ボス。

宮島で見た晩秋の夕陽はまだ目に焼き付いてい?。
綺麗でした〜〜〜ぁ。

そうした感じで、台風の影響で徳島にも行けず(阿波踊り見物)16日の京都の夏のメーンイベント「五山の送り火」も、見られないかも?
嵐電嵐山駅のそばの「天龍寺」に叔母夫婦も来たのでみんなで行ってき?。
             
嵯峨野のかぐや姫/dagg

追・ももこさんって、宮島の女(ひと)なのかな〜ぁ?
  だったら絵になる !(絵にも描けない美しさ・・です。





dagg2

1週間1日前 ('19年8月13日 12:19)

おテケさんへ

>やはりボスって、ポエムを描くのも上手ですね。

貴女って心に思ってることを素直に打ち込める人なのネェ〜

>静かに 唇を 指先で探しているように。
>結びも、いいですね。

判ってるじゃない。

本場の阿波踊りは、うちらは行かれへんけど、あなた方は行くんでしょう。
高円寺の阿波踊りの時逢いましょう。
PCmail入れておき?。
                   京都より/dagg

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P