携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

部屋

作: pito

古い扉を開ける まだ覚えている
温かいスープの香りや 煌々と光る
オレンジ色の灯りの下で 語り合った
親しい人たちの ささやき声を
そしてかつての 私自身の声を

今はもう 雑然としている部屋
床から 埃だらけの本を拾い上げる
誰かが置いた 栞のページを
読み上げてみる 窓から差し込む
街灯だけが この部屋を照らす中で

※この詩(ポエム)"部屋"の著作権はpitoさんに属します。

作者 pito さんのコメント


この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

ももこさん

'19年12月12日 13:13

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

pitoさん こんにちは

光景が浮かんでくるようです。
前半にぎわっていた感じ、後半人々がいなくなって寂しくなった部屋の感じ。
pitoさんの詩からは雰囲気が伝わってきます。
目、耳、など五感がふんだんに使われてますよね。
それがとても綺麗な感じがします(^−^)

pito

'19年12月12日 21:04

こんばんわももこさん。

光景、雰囲気感じ取ってもらえて嬉しいです。

普段の生活の中で”身体感覚”というものが、
大切だと最近すごく思うようになりました。
そういう思いが詩を作る時にも、
出始めているのかもしれません。

ももこさんの五感に、
この「部屋」が現れてくれたなら嬉しいです。

いつもありがとうございます!


コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P