携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

一念

作: 幾月

二千と廿の朝を訪ね 地平を臨む君の名を呼ぶ
三百幾夜を仰ぎみて 古き新生の在処を問う

嗚呼、兄弟よ 億とも識らぬ明星よ
つかず離れず尽くせぬ愛で 今こそ私の聲を聴け

四季折々を踏み歩き 記憶を辿る君は袖を食む
五つ衵の内々の内 故き神聖の真を問う

嗚呼、兄弟よ 明とも白ぬ明星よ
幽かに僅かなその身の奇跡で 今こそ私の夢を訊け

※この詩(ポエム)"一念"の著作権は幾月さんに属します。

作者 幾月 さんのコメント

明けましておめでとうございます。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (1件)

杉菜まゆか

3週間1日前 ('20年1月6日 09:02)

この詩(ポエム)を評価しました:共感

過去のすべての出来事は、未来への夢につながっていると思えば楽しいですね。どんなことがあっても、そのこやしになりますね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P