携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

机並べたふたり

作: end123

夢を見ました
夢を見ました
貴女の夢を

夢をみました
夢をみました
貴方の夢を

愛しています
愛しています
貴女を

愛していました
愛していました
貴方を

手をつないだ日々を思い返します
貴女を

夢を抱いて旅立ったあの日を思い出します
貴方を


幾数年経ちました
迎えに行きます
貴女を


幾数年経ちました
花が咲く日を
青い蒼い緑が茂る日を
寒風吹く日はひとりでした
私は待ちました
貴方を


あなたの隣
叶えた夢が立っていて
私の隣
寂しさ埋めてくれた人が立っていて


あなたは言う
また会いましょう
いつかどこかで

私は言う
もう会わなくていい
あなたは思い出の影
影だから

※この詩(ポエム)"机並べたふたり"の著作権はend123さんに属します。

作者 end123 さんのコメント

待たせる身と待たされた身
正解はないのでしょうね

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
深い 1
切ない 1
合計 2
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (3件)

ももこさん

4日前 ('20年2月15日 04:00)

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

end123さん こんばんは

ふと、「木綿のハンカチーフ」を思い浮かべました。
男はいつも勝手だなって思います。
まあ、逆の場合もありますね。
女が夢を叶えて男を裏切る場合とか・・・
なんともいえない複雑な気持ちになりました。
この詩のような事例は多いですね☆彡

end123

3日前 ('20年2月16日 11:46)

ももこさん、コメントありがとうございます。
まさに「木綿のハンカチーフ」です。たまたま耳にして、逆のバージョンを作ったらどうだろうと思って出来上がりました。
読み取ってくれてうれしいです。

杉菜まゆか

3日前 ('20年2月16日 14:23)

この詩(ポエム)を評価しました:深い

昔のあなたの面影を心の宝として抱いて待つ。ひとつの幸せですが、想い出よりも現実を見るべきですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P