携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

少年の心

作: 青空のゆくえ

山間の谷川のほとりに
ぽつんと立つ小さな廃校

遠い少年時代
幼友達と野球ごっこをして
遊んだグランド

あの頃のボクたちは
ルールも勝ち負けもどうでも良かった
透き通る青空
新緑の木々の香りを運んでくる風の下
ただボールを遠くへ飛ばし
白球を追いかけ
仲間たちと大声で笑い語り合う・・・
それだけで楽しかった
人生に無邪気な時期があるとしたら
ボクにとってのそれはきっとこの頃だった
のかも知れない

あれからボクは大人への階段を昇り
幾多の季節を重ねる中で
多くの挫折を受け入れてきた
群れの中で自分を守るために
時には他人(ひと)を傷つけ、嘘もつき
自分を裏切りもした・・・
いつしかボクは常に他人の表情を窺う
卑屈で弱い人間に成り下がってしまった

あの日見た青空は
いつしか低く垂れこめた
真冬の重い雲に支配された

そして長い年月を経てボクは
あの日のグランドに立っている
そこにはあの日の歓声も、友の姿も無い
あるのは静寂
あの日と変わらぬ谷川のせせらぎ
五月の柔らかな陽射しの下
そっと瞳を閉じてみる
遠くからあの日の歓声が聞こえてくる
友たちの笑顔がそこにある
高々と舞い上がったボール
突き上げる拳の先にいつか失った
青空のゆくえがそこにある

走馬灯のように甦る懐かしさ
もうあの日に戻ることも
友たちに会うこともできない
長い年月の中でボクの心は
余りにも汚(けが)れ過ぎてしまった・・・

こみ上げる複雑な想いが
熱いひとつの滴となって頬を伝い
乾いたグランドにこぼれ落ちた・・・

※この詩(ポエム)"少年の心"の著作権は青空のゆくえさんに属します。

作者 青空のゆくえ さんのコメント

大人になることは、ある意味不幸なことかもしれませんね

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'20年5月4日 17:55

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

幸せな少年時代でしたね。私の歌詞も見てください。

青空のゆくえ

'20年5月4日 21:17

ありがとうございます。
そうですね、今にして思えば幸せな少年時代だったと思います。
まゆかさんの歌詞、ポエムも是非拝見したいと思います。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P