携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

一期一会

作: JO2

登ったら下り、登ったら下り。

たとえ、どんなに高くても。
クリアしたら、次は下り。
山頂は、次の人のために空けておけ。
それは・・・礼儀作法。

いつまでも山頂に居ようとしたら。
そこで干からびて死ぬばかり。


登ったら下り、登ったら下り。

途中途中で出会う人々と。
挨拶し、励ましあいながら。


もしも、天候が悪くなったら。
引き返せ、引き返せ。

たとえ、山頂を極められなくても。
引き返せ、引き返せ。


ー こんにちは。
ー こんにちは。


登っても下っても、一期一会。
引き返しても、又、一期一会。



Copyright(C)2011 J.檸檬
All rights reserved.

※この詩(ポエム)"一期一会"の著作権はJO2さんに属します。

作者 JO2 さんのコメント

むーさんの作品『夏山にて』↓にインスパイアされて創作しました。
http://poems.kget.jp/poems/view/75129
(2011.9.17)

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
深い 2
素敵 1
かっこいい 1
合計 4
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (10件)

__

'11年9月18日 00:03

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

JO2さん
 こんばんは

むーの作品を取り上げて頂き光栄です。

>たとえ、どんなに高くても。
>クリアしたら、次は下り。
>山頂は、次の人のために空けておけ。
>それは・・・礼儀作法。

>途中途中で出会う人々と。
>挨拶し、励ましあいながら。

>たとえ、山頂を極められなくても。
>引き返せ、引き返せ。

>登っても下っても、一期一会。
>引き返しても、又、一期一会。

抜粋させて頂きました所に人生の歩みを感じました。
むーのつたない詩をご覧頂いた後に、こんな素敵な詩がうまれびっくり致しました。

山と人生をかけた素敵な詩だと思いました。



nikonyan

'11年9月18日 00:15

この詩(ポエム)を評価しました:深い

うーむ。。
世の中には、きっと、干からびてるのに気づかないまま山頂にしがみついてる人がいるんだろうなw
社会批判の詩でもあり、
自分をはげます詩でもあり、
好きですねー。

たろさく

'11年9月18日 00:43

この詩(ポエム)を評価しました:かっこいい

こんばんは。
下るのを怖がらず、さらっと言葉にしているところがカッコイイと感じました^^
心地よい詩ですね!

__

'11年9月18日 21:44

この詩(ポエム)を評価しました:深い

初めまして^^

私はこの詩に人生の縮図を視ました。
これこそまさに、楽あり苦ありの山道(人生)。
これこそまさに、出会いの奇跡。
表現と世界観に脱帽ですm(_ _)m

JO2

'11年9月18日 23:32

むーさん。
ようこそ、いらっしゃいませ!

いつもコメントを有難うございます。
この作品、『夏山にて』へのコメントとほとんど同内容でして。。。
なので、まあ、気恥ずかしい限りで。。。。。

たぶん、最近よく考えることなのかも知れません。
どんなことでも、ピークは一瞬ですけど、それでも、
そこを目指して努力をすべきだし、しかし、
それに無用の執着をしたりするのは如何なものかと。

頑張り、頑張らない、のが良いのだ!
みたいな気分になる今日この頃でございます。

コメントを有難うございました。


JO2

'11年9月19日 21:16

midobowさん、ようこそいらっしゃいませ〜。
いつもコメントを有難うございます。

干からびてるのに気付かないw
ありがちな話でございますねぇ。

私的には、自戒ということもありますねぇ。
ちっこい山のピークで長居しかけたりね。。。
(と、自分では反省したつもりでいても、第三者から見ると
「あいつ、死んでるのに気付いてねぇぜ」なんてね。。。。)

コメントを有難うございました。

JO2

'11年9月19日 21:22

たろさくさん。

前作に続き、コメントを有難うございます。
カッコイイっすか、重ねて、有難うございます。

頂上は共有できなくても出会いは共有できる、
あるいは、プロセスや経験は共有できる、
それもまた『一期一会』かななどと思ったりします。

コメントを有難うございました。

お菊

'11年9月20日 08:56

おはようございます。お菊です。

人はその道を極めたらずっとその場に居続けたいと思うものですけど
次の人(世代)のために下りていく(引く)ことも大事なことなのかな…
とこの詩は思わせてくれました。

登るのも大変ですけど、下りる勇気を持つこともまた大変なことだな…
と。でも下りたからといって全てが終わりなのではなくて、その先々
でもきっと素敵な出逢いがあったりこれまで経験したことが活かせたりするんですよね。

JO2

'11年9月20日 20:33

諳素さん。
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ!

『諳素』と書いて『アンス』と読むのですね!
どんな意味なんでしょう?
杏でしたら、とくにドライフルーツが好きですが(笑)
(唐突&関係ない話でスミマセン)

作品見せて頂きましたよー。
『笑』が楽しかったです。
また、いずれ、ゆっくりお伺い致しますね〜。

結局、人は一箇所に留まっては居られないし、
そうしようとするとロクなことがないんです。
でも、たとえ、いつまでもそこに居られないにしても、
やっぱり、そこを目指すことには価値も意味もある、
そして、そういう価値や意味を共有できる人との出会いが、
人生を豊かにしてくれる、そんな感じですねぇ。

コメントを有難うございました。



JO2

'11年9月20日 20:52

お菊さん。
ようこそいらっしゃいませ〜。

そうですよね。
とりあえず登った山頂で、長く休んでいたいと思ったりもしますが、
それは楽をするのと引き換えに、可能性を放棄することだったりもしますね? 
あと、いま自分が休んでいる山頂に登りたい人の邪魔になっていたり。。。。

山頂以外の場所で出会う人と、
あちこちの山頂についての情報交換とか、もワクワクしますよね。
他人の話を聞くと、
もっと綺麗な景色の山があるんなら頑張って行ってみよう、
なんて思ったりもしますよねぇ。

コメントを有難うございました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P